羽毛ふとんリフォーム

リフォーム, 尾の新 オノシン 小浜 舞鶴 敦賀 家具, 羽毛ふとん 尾の新 オノシン

羽毛ふとんには水鳥のフェザーとダウンが入っています。
ダウン(胸あたりの毛で芯がついていません)が
50%以上入っていれば「羽毛ふとん」
50%未満だと「羽根ふとん」
と分類されます。

フェザー(羽ばたく羽根の芯のついた毛)は撥水性がある
ので、10%以上入っていないとふとんが湿ってしまうため
必要不可欠な材料です。

寒い地域の鳥ほど自身を保温する必要があるため、北欧
の羽毛が良いといわれています。
究極は保護鳥であるアイスランドのアイダーダックの羽毛ふとん
は60万円70万円します。

さてさて、本題です。

おとうさん、おかあさんが使われていた羽毛ふとんをリフォーム
して使いたい。
表面はきたくなったが、中の羽毛はまだまだ使えそう・・・

そんな時はご連絡ください。

フランスベッドが専用の工場で
洗い直し、痛んだ羽と良い羽の選別、新しい布地への充填
と一貫した高品質の手順でリフォームさせていただきます。

フランスベッド羽毛ふとんリフォームページへジャンプ

アバター

投稿者: onoshin

尾の新(オノシン)店長オノエです。 商品や修理につきましては、お気軽にお問合せ下さい。